EDが待っている・・・

EDと言うと、病院できちんと治療しなければいけないというイメージがありますが、案外自宅のみでの治療も可能です。実際私は病院へ行くのが恥ずかしかったので自宅のみで治療しました。

 

治療と言っても特別難しいことをするわけではなく、主に体質改善などをしていく感じです。EDの原因で多いのが、精神的なものと血行不良と聞いたので私は血行不良改善に力を入れました。食事で血管拡張効果があると言われている食材を多く食べたり、軽い運動などもしたりしました。これだけでも「何かをやっている」気になるので、EDのように精神的なものも関係する場合は効果が有ったんじゃないかと思います。

 

そして、もちろんED対策用に精力剤のようなものも飲んでいました。ようなものと言ったのは、精力剤として売られていたわけではないからです。用途はペニスサイズ増強と言うやつですね。よくインターネットなどでは見かけると思います。その中でも血管拡張効果を謳っているものを選んで飲み続けました。これは思ったよりも効果は高く、途中からこれだけでも良いのではないかと思うようになっていました。

 

私のように血行不良でのEDでしたら、とにかく血管拡張で血液の流れを良くするだけでもだいぶ違います。いきなりEDが治ったりするわけではありませんが、続けていれば気が付いたらすっかり良くなっているなんてこともあるのではないでしょうか?精神的なものの場合は、とにかく「何かをやっている」と思い込むことが大切ですので、体に良さそうなサプリなんかを毎日飲むと良いと思います。病院へ行かなくてもそれだけでもだいぶ変わってくると思いますよ。

続きを読む≫ 2016/10/13 14:11:13

EDとは勃起不全の事を言いますけど、これは男性にとって深刻になってきます。勃起不全になると、うまく性行為ができなかったりしますので、パートナーにも影響がでてきます。もちろん、自分自身の気持ちの部分もマイナスになってきます。
そこで、自分なりにEDを改善するために努力をしてもなかなか改善できない場合は、思い切って病院に行くようにします。勃起不全がなかなか治らないというのは深刻な状態でもあります。そのまま様子を見るのではなくて、病院に行って治療した方が改善できる可能性が高いですし、EDの原因なども分かったりとあなたにとってプラス要素があります。
病院では適切な治療をしてくれますので、早く改善したい人にとっては助かります。勃起不全という事で病院に行くというのは恥ずかしい気持ちもでてくる可能性がありますけど、そういった気持ちよりも早めに治していく方が大事になってきますので、恥ずかしい気持ちをうまく抑えて、早めに治したいという気持ちを強くもつようにします。
そうすると、恥ずかしさも次第に収まってきます。また、病院に行く時には、EDを専門としている病院や治療に力を入れていて、実績がある所に行くと、効果的な治療をしてくれる可能性が高いです。
もちろん、病院ではなくてクリニックなどでも大丈夫です。勃起不全をきちんと治してくれそうな医療施設を選ぶ事も大事になってきます。
このように、なかなか治らない場合は、深刻だという事を意識して病院で治療を受けるようにします。

続きを読む≫ 2016/09/28 14:38:28

EDになるというのは、男性としては絶対に避けたい部分と言えるかもしれません。
しかし、それを避けるための確実な方法というのはなかなかないと言える部分もあるのです。
それはEDになってしまう原因の1つとして加齢があるからで、これによって全員がEDになるリスクを背負うため、確実に避けられるということにはどうしてもならないからです。
年齢を重ねるとどうしてEDにありやすいのか?というと、血行が悪くなるからというのが1つ理由として挙げられています。
年齢を重ねると動脈硬化などの症状を発症するリスクが高まるというのは、多くが知っているかと思います。
こういった症状は基本的には若い人よりは年配の人がなるというのはある程度、常識化している部分もあると思いますし。
したがって、動脈硬化などが年齢を重ねている人がなりやすいならば、それだけ年齢を重ねている人の方が血行が悪くなりやすい状態にもあると言えます。
そして、血行が悪くなることがEDになる原因の1つにあるならば、加齢がEDになる原因であると言えるのです。
ただ、加齢によって全員に動脈硬化などの症状が出るとも限りませんし、血行が悪くなるのは必然ではありませんから、状況を改善することもできますし、年齢を重ねてもEDにならない人もいます。
だから、加齢がEDの原因になると言っても、諦める必要はないということになります。
血行が悪くなる原因を少しでも排除していくような生活習慣を送れば、EDになる可能性は減ると言えるからです。

続きを読む≫ 2016/09/25 14:57:25

EDになる原因というのはいろいろなものが考えられて、精神的なことが理由になっているケースも普通にあります。
精神的なものが理由だとなかなか改善が難しいということもあるかもしれませんが、時間が解決してくれる場合もあるので知っておくと良いでしょう。
EDになる原因の1つには心配事や不安によるものがあって、これが続くといつの間にかEDの症状が出ていることがあるのです。
それはどうしてか?というと、人間の性的欲求を抑制してしまうほど、そちらに神経が集中していまっているのが原因です。
精神的に余裕がないとどうしても性的な方に関心を向けづらいというのがあります。
かなり大きな心配事や不安などがあれば、それしか考えられないとか、他に何も手につかないということがあると思いますけど、そういった状態は勃起力すらも鈍らせてしまう可能性があるのです。
日頃から性的な欲求や興奮を感じづらくなるような精神状態になってしまえば、それが勃起力に影響するというのはなんとなく理解できるかと思いますが、そういった状態になってしまっている人は実際に多くいるでしょう。
したがって、こういった精神的なことが理由となってEDになっているケースもあると思われます。
しかし、こういったケースは心配事や不安なことが消え去れば、自然と治る可能性もあるので、そこまで深刻に考えなくても良いかもしれないです。
いろいろな原因でEDになる可能性がありますけど、精神的なものがその1つになるかもしれないというのは男性ならば知っておいた方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2016/09/24 11:12:24 files

EDは正式名称をErectile Dysfunctionと呼び日本では勃起障害や勃起不全とも呼ばれています。このEDですが性交渉に必要な勃起ができない状態だけでなく、勃起に時間がかかったり、勃起を維持することができない状態のことも指します。また、勃起はできているものの膣内での射精ができないという状態もEDの一つとしてみなされています。
EDのタイプは主に3つに分類されています。
・心因性ED
30〜40歳代のに多いEDで仕事やプライベートを問わず普段の日常生活内での出来事がによりストレスが溜まったていたり、初めての性交渉が上手くいかなかった等の性的トラウマや幼児期の体験が原因となることで引き起こされます。
・器質性ED
加齢よるものと普段の生活習慣によって引き起こされるものの2種類があります。どちらも共通して血管や神経の機能が異常を起こすことで引き起こされます。その他にも神経系の病気や手術の後遺症として起こることもあります。こちらは50歳代の方が多いEDです。
・薬剤性ED
服用している薬が原因で引き起こされます。主に末梢神経、中枢神経、循環器系に作用する薬剤が原因となることが多いです。
・EDの治療
EDの治療は薬やカウンセリングによって行われることが多いです。EDの薬としてよく名前が挙がるのがバイアグラ、レビトラ、シアリスです。これらは病院で処方してもらうことができますがED治療は保険が効かないため病院によって料金が大幅に異なることもありますので注意しましょう。また、インターネット通販で購入する方法もありますが中には偽物であったり成分が過剰に含まれている物が売られていることもあるのでこちらも注意が必要です。

続きを読む≫ 2016/09/22 17:58:22 files